かたやま矯正歯科は総合グランド南側、岡山駅西口からすぐ
0120-77-4618

成人の矯正

トップページ > 成人の矯正

12歳以降に永久歯列が完成してからの矯正治療です。

20代30代40代それ以上の成人の方も含みます。
上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口、反対咬合)、前歯部開咬(上下の前歯が噛み合ってない状態)、下あごの側方への偏位(あごのゆがみ)、叢生(歯のガタガタ)などの症状が治療対象です。アゴ骨のサイズと歯のサイズの不調和やアゴ骨の上下左右のズレに対して歯を動かすことで治療して噛み合わせを完成させます。幼児期からの矯正治療の流れのなかでは仕上げの治療になります。
子供の矯正

治療

上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口、反対咬合)、前歯部開咬(上下の前歯が噛み合ってない状態)、下あごの側方への偏位(あごのゆがみ)、叢生(歯のガタガタ)などの症状が治療対象です。装置は主にマルチブラケット装置を使用します。
当院では、成人の治療には審美性に十分配慮した治療を行います。白くて付けていることがほとんどわからない装置もお選びいただけますし、表からは全く見えない舌側装置(リンガルアプライアンス)での治療も可能です。

最新の矯正治療

「目立たない、全く見えない、痛くない、早い・・・患者さんに優しい治療」

当院ではマルチブラケット装置に最新のストレートワイヤーテクニックを用い、目立ちにくい痛みの少ない治療を行っています。装置が目立ちにくいのはもちろん、ワイヤーはまっすぐなものを用い、複雑で大きなループを組み込む治療は行いません。複雑で大きなループは目立つばかりでなく、異物感が非常に大きく口内炎も出来やすいですし、歯磨きが非常にしにくくなるので虫歯や歯肉炎、歯周病の原因にもなりかねません。
また、複雑で大きなループは歯に大きな力が加わり歯にダメージを与えてしまうこともあります。最新のストレートワイヤーテクニックでは、新素材の超弾性ワイヤーとローフリクションブラケットを用いて目立たない痛みの少ない患者さんに優しい治療が可能になっています。
これらの最新装置は治療期間も短縮しています。 #

最新の矯正治療"インプラントアンカーを用いた最新の矯正治療"

当院ではインプラントアンカーを用いた最新の治療も行っています。インプラントアンカーは直径1.4mm長さ8mm程の細いネジですが、これをアゴ骨に固定して歯を引っ張ることにより、従来不可能だった歯の移動が可能になってきました。インプラントアンカーはこの10年ほどで大学病院を中心に広まってきた最新の治療方法で、私どもも大学病院時代以来これまでに数多くの症例を経験してきました。インプラントアンカーの埴立はわずかに麻酔をした後、専用の道具でねじ込めばOKです。時間は10分程度です。麻酔の量は通常の1/6程度で、術後の痛みはほとんどありませんし、腫れはありません。インプラントアンカーは矯正治療後に除去します。除去時は表面麻酔のみで除去でき、跡は全く残りません。

インプラントアンカー矯正のメリット
1.歯を抜かずに治療できるようになった

従来の装置では動かせなかった範囲まで歯を移動させることが可能になりましたので、従来小臼歯抜歯しないと治らなかったケースが治せるようになりました。


2.患者さんの協力性に依存せずに治療できる

従来の方法では、「装置や歯の間のゴムを患者さん自身に長時間長期に使ってもらわないと治療効果がでない」など、患者さんの協力性に依存した治療になっていました。インプラントアンカーによる治療では歯を引っ張る固定源をアゴ骨に固定してしまうので、患者さまに装置を使う努力をして頂くといったご苦労をお掛けしなくても治療できるようになりました。


3.治療期間を短縮できる

アゴ骨に固定したインプラントアンカーから力を直接絶え間なくかけ続けますので、最も効果的に歯を動かすことが出来るわけです。当然歯が動く期間も短縮されます。また、患者さまの協力性に依存することがありませんので、そういった意味でも最も効果的に治療効果が期待できる装置なわけです。