かたやま矯正歯科は総合グランド南側、岡山駅西口からすぐ
0120-77-4618

小児の矯正

トップページ > 小児の矯正

6歳から11歳程度の子供の歯と大人の歯が混在する時期の矯正治療です。

上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口、反対咬合)、前歯部開咬(上下の前歯が噛み合ってない状態)、下あごの側方への偏位(あごのゆがみ)、養生(歯のガタガタ)が主な症状で、上あごの位置と下あごの位置のズレ、上下のあごのサイズのアンバランス、歯のサイズとあごのサイズのアンバランスといった骨格の問題が主な原因です。舌や唇といった軟組織の問題を幼児期から抱えたままの子もいます。
成長発育をうまくコントロールして土台のアゴ骨の不調和を直し歯並びの土台のところをちゃんとつくることで、永久歯抜歯を回避できるよう治療していきます。
この段階も予防的矯正治療には重要な時期です。
子供の矯正

治療

上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口、反対咬合)、前歯部開咬(上下の前歯が噛み合ってない状態)、下あごの側方への偏位(あごのゆがみ)、叢生(歯のガタガタ)にアプローチします。この時期の矯正治療は主に歯の土台になるアゴ骨を治療していきます。お子さんの成長発育を利用して骨格が正常に発育するようにコントロールしていくわけです。また、舌や口唇、頬粘膜といった軟組織にも問題を抱えたお子さんには軟組織へのアプローチも行っていきます。 側方歯(犬歯と小臼歯)交換までに土台になるあご骨のサイズと位置関係が改善できたら、最後に上下の前歯を綺麗に並べます。 この時期に使用する矯正装置もほとんどが自宅にいるあいだに使用する装置です。

EOA(取り外し式)

床装置(取り外し式)



この時期に使用する主な装置(取り外し式)、EOAと床装置。
ご自宅で使用する装置です。