かたやま矯正歯科は総合グランド南側、岡山駅西口からすぐ
0120-77-4618

保険の矯正

トップページ > 保険の矯正

当院では顎変形症の矯正は保険適用です。

当院で顎変形症と診断し、外科矯正の手術を行う場合、当院での矯正も、手術を依頼する病院(主に岡山大学病院)での外科手術も保険適用となります。

矯正治療負担費用概算 (矯正の最初から最後まで)
 

社会保険本人家族、国民保険本人家族

負担割合

3割

矯正総合計概算

180,000~ 300,000円

矯正で入院の場合も、高額療養費、家族療養費附加金の給付が受けられます。

高額療養費とは、同じ病院で支払った1ヶ月の医療費が、72,300円を超える場合、手続きをすれば超えた分の多くが戻ってくるという制度です。
矯正による手術、入院の場合、入院期間のめやすは約10日~14日です。 かかった医療費は、一旦全額支払い、申請後に自己負担上限額との差額が戻っくるかたちになります。 また、加入している組合によっては、自己負担額の一部が本人または父母などが加入している保険組合等から給付される場合があります。 顎変形症の治療にあたっても、これらの給付申請をおこなえます。 詳しくは保険組合にお問い合わせください。

その他の保険の矯正治療

当院では口唇口蓋裂と指定の症候群の健康保険による矯正歯科治療ができます。外科手術が必要になる場合、 当院での矯正も手術を依頼する病院(主に岡山大学病院)での外科手術も保険適用となります。
口唇・口蓋裂患者に対する矯正治療は多岐にわたり、乳児期から青年期に至まで正常な口腔機能や審美を獲得するためにその都度適切な矯正治療を行います。
当院は指定自立支援医療機関の認定を受けておりますので、健康保険が適用され治療費においては県からの補助が受けられます(所得によります)。詳細は来院時に説明いたします。

自立支援医療(更生・育成医療)指定機関って何?

自立支援医療(更生・育成医療)指定機関とは、厚生労働省の施設基準に適合し認可を受けている医療機関で、 更生医療育成医療の給付が受けられる医療機関です。

  • 更生・育成医療を行うために必要な設備および体制を有している
  • それぞれの医療の種類における専門科目について、適切な医療機関(当院の場合は岡山大学病院矯正歯科) に専従(常勤勤務)し、研究従事年数が(歯科では)5年以上である
  • 研究態様と口蓋裂の歯科矯正の臨床内容とに関連が認められる
  • 口蓋裂の症例経験が5症例以上ある
  • 歯科矯正を標榜している
  • 関係学会(日本矯正歯科学会および日本口蓋裂学会)に加入している

顎口腔機能診断施設って何?

顎口腔機能診断施設とは、厚生労働省の顎口腔機能診断施設基準に適合し認可を受けている診療機関のこと です。外科的矯正治療を併用する顎変形症の術前術後矯正治療に保険が適用されます。

  • 身体障害者福祉法第19条の2第1項の規定により厚生大臣又は都道府県知事が指定した医療機関である。
  • 但し、更生医療として歯科矯正に関する医療を担当しているものに限る。
  • 当該療養を行うために必要な次に掲げる基準、
  • 1, 下顎運動検査又は舌接触運動検査のいずれか一方と咀嚼筋筋電図検査が行える機器を備えている
    (共に薬事法承認機器であること)
  • 2, 専任の常勤歯科医師及び専従する常勤看護婦又は歯科衛生士がそれぞれ1名以上勤務している
  • 当該療養につき口腔に関する医療を担当する診療科または別の保険医療機関と歯科矯正に関する医療を 担当する診療科との間の連携体制が整備されている

下顎運動の検査

当院では、アルクスディグマ(ドイツkavo社製)で顎関節(下顎運動)の検査を行います。
*アルクスディグマは厚生労働省の承認を受けた「下顎運動路描記装置」としての保険適用認可医療機器です
(承認番号:21500BZY00022000)。

アルクスディグマ
アルクスディグマの特徴

22gの下顎用センサーと非接触型の計測原理で、下顎を迅速かつ簡単に固定します。

計測のセンサーの重量が軽量のため、下顎運動が影響されることがありません。
KaVoARCUSdigmaの計測原理は、3D超音波ナビゲーションシステムを基にしています。
超音波周波数は40KHz、1秒間に50回の計測を行いながら、12本の超音波が下顎運動を計測します。
この計測により、治療や診断に必要な情報を得ることができます。

下顎用センサー

多彩な機能による計測で、手間や時間の短縮を図ります。

機能計測プログラムを用いて下顎運動の運動経路を表示させ、機能障害などを調べることが 出来ます。
このシステムの名称がdigma(=digital movement analyze デジタル顎運動計測装置)となっている由来が明らかになるでしょう。患者さんの顎機能障害を見逃さずに、 把握することが出来ます。

デジタル顎運動計測装置

コンダイラおよび切歯点の動きを3次元的に表示。左右コンダイラに関しては、 全運動軸で計測するため、様々な障害を見つけだすことができます。
レコードボタンを押せば、すべての運動を12秒間何度でも繰り返し表示させることが 可能です。

デジタル顎運動計測装置